FC2ブログ

FXYZのFXトレーディングCafé

多忙な勤め人から脱出なるか!?FXのトレード記録とシストレ検証、トレード手法の開拓をしてます。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
BLOGTOP » FXコラム » TITLE … MQL4学習の断念?

MQL4学習の断念?

こんにちは。
新たな1週間が始まりました。

先週の乱高下によって一時はマージンコールに陥りそうだったCTのQQEトレード。
週末から下落でち直してきて、今朝からプラスマイナスを行ったり来たりの状況です。
(ちょっと気持ちは落ち着いてます。)

最近、公私ともに多忙な(まさに自動売買が必要な)状態になってしまい、EA開発をしたいという欲求を満たすことが難しいです。
そんな中でもネットをたどっていったところ、MetaTrader5(MT5)の開発が進んでいるとのこと。
正確にはMT5クライアントより先んじて、プログラム言語であるMQL5が出されるとのことです。

文系出身でファイナンス企画を続けてきた私には「プログラム」は縁遠く、やっとMQL4の一部に手が届きそうかなぁ~というところでMQL5が出されて、しかもC++に親和性が高いそうで、クラスだのオブジェクト指向だの言われてもさっぱり分からんってことになりそうです。

大昔、Mac派だった私は、「Macintoshで学ぶC言語」って本で学ぼうとしたんですが、「Hello World」から先に進むことは困難でした。
何せ、アルゴリズムとかなんとか小難しいところで、嫌になるんです。
MQL4も結局そうで、確かにコンピュータが画面にテクニカルチャートを引くってことですから、一つ一つルールを定義していくんですが、面倒になっちゃうんですよね。

例えば、描画される足の本数を i という変数に代入し、それから1を引いた分だけ繰り返し文を使って計算をしかけていく・・・・
なんて凄く面倒です。

これが更に理系御用達の世界に入っていくことは、プログラマーの皆さんは喜んでいらっしゃると思うんですが、私には敷居が高くてダメです。

やはり大昔、Excelのアドインマクロは文系の人にとって、とても分かりやすかった。
何しろ、マクロの画面もワークシートのようなセルがあって、計算もできる。
そしてマクロコマンドをセルの上から順に実行していく・・・って感じで、書き方も分かりやすかった。
でも、VBAになってから、なんだか分けが分からん。

ということで、やっぱりプログラムは専門家に作ってもらうのが一番かもしれません。

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう