FC2ブログ

FXYZのFXトレーディングCafé

多忙な勤め人から脱出なるか!?FXのトレード記録とシストレ検証、トレード手法の開拓をしてます。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
BLOGTOP » FXコラム » TITLE … 歯科オペ

歯科オペ

もはや日記が本題でトレードのことを少し書く程度になってきた。

昨日の暴落によって、GBP/JPYは含み損が急拡大。
寝る前にAUD/JPYも仕掛けたことで、これまた損。

でも、リーマンショックのようなことがなければ今のところ安心してみています。
このトレード手法、タイミング次第ですが、利確まで時間がかかるのが難点です。


で、本題。
歯の右下奥に親不知が残っていた。

あとの3本は記憶に無いほど昔に抜いてしまったが、この1本だけは残っていた。
というのは、一種の奇形なんだと思うが、横向きに倒れて生えていて歯茎の中に埋まっていたからだ。

ところが、徐々に歯茎から見え始めたのが15年以上前。
そして、僅かに露出した親不知が虫歯になり、穴があいたのも少なくとも10年前どころではないと思う。

しかし特に痛みもなく、また、過去に歯科医で尋ねときも外科手術になるよと言うだけで判断は私自身になるため、ずっと放置してきた。
食事の後に食べかすが入り込むので、楊子や歯ブラシでほじくり出す面倒を除けば、特に気にならなかったからである。


そんな中、別の虫歯治療をしている最中に、その親不知のところから出血するようになり、いわゆる虫歯の臭いもし始めたので、いよいよ抜く決意をしたのだ。

外科手術というから手術室なるものを想像していたが、確かに歯科医院にそんなものがあるわけない。
普通の診察台に乗ってのオペである。

麻酔がかけられ、頬の内側がしびれた頃に執刀開始。
メスで歯茎をめくった(と思われる)後に、抜こうとしたところ、横倒しになっているので、根っこが楔のようになっていて抜けやしない。

結局、ドリルで粉砕しながら徐々に取り除き、最後の一番深いところを力づくでねじ取る作業となった。

最後の根っこが離れる瞬間、「ぺキ」っと耳の奥で何かが砕けるような音がして、・・・親不知は抜けた。
砕いた後なのに、デカイ!

その後、縫合し薬を貰い帰宅。
出血も少なく、1日経った今日は痛み止めも必要ないほど。

これで長期に及ぶ懸案は解決したのであった。

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう