FC2ブログ

FXYZのFXトレーディングCafé

多忙な勤め人から脱出なるか!?FXのトレード記録とシストレ検証、トレード手法の開拓をしてます。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
BLOGTOP » トレーディングTIPS » TITLE … 自宅PCリモート操作~第1回:ネットワーク設定②

自宅PCリモート操作~第1回:ネットワーク設定②

ネットワーク設定その2です。
前回は、グローバルIPアドレスをローカルIPアドレスに変換して使うことを書きました。

変換してくれるのは、ブロードバンドルータという機械です。

簡単に言うと次のような形になります。


<<インターネット>>
      ↑↓
  <<プロバイダ>>
      ↑↓(グローバルIPアドレスの割当)
<<ブロードバンドルータ>>
      ↑↓(ローカルIPアドレスの割当)
  <<パソコン>>

こうすることで要するに外部から侵入しようとしてもパソコンには直接入れない(入りにくい)のです。
もちろん、ルータを超えて侵入するようなハッカーもいますので、
それに備えてルータにも不正侵入防止機能があったり、ウィルス対策ソフトなどがファイアウォール機能があったりする訳です。


では私の事例として設定を見てみましょう。
私は、BUFFALOのAIR STATIONという無線ブロードバンドルータを使っています。
AIR STATIONでは特殊なソフトを入れなくても、IEなどのブラウザで設定ができます。

■1.WANの設定
・AIR STATIONでは、特に設定をしていません。
・私は「らくらくセットアップ」が選ばれています。
・たぶん「DHCPサーバからIPアドレスを自動的に取得する」でも大丈夫だと思います。
・これでLANケーブルでネットワークのジャックにルータを接続すれば、プロバイダが勝手にグローバルIPアドレスを割り振ってくれるはずです。
090222WAN.jpg

■2.LANの設定
・LANで使うIPアドレス(ローカルIPアドレス)の範囲を設定します。
・まずローカル(自宅内)で使うIPは、前回も書いたように、10.*.*.*や192.*.*.*を使います。
・良く使われるのが、192.168.11.* というものです。
・自宅にPC1台だけであれば、ルータ自身とPC用の2つのアドレスがあれば十分です。

・ここではDHCPという機能を使います。(詳細を知りたい方は⇒こちらで・・・)
・簡単に言うとDHCPサーバ(ここではルータ)が、一定範囲のIPアドレスを発行し割当ててくれる機能です。
・実はWAN側もプロバイダがDHCPサーバから各ユーザにIPアドレスを発行して割当ててくれているのです。

・まずルータ自身のLAN側のアドレスを決めてあげます。ここでは192.168.11.1です。
・サブネットマスクは意味が分からない人は255.255.255.0で設定すれば良いと覚えてください。
・「DHCPサーバを使う」にチェックを入れています。
・私はPC2台と無線LAN対応型のプリンタを使用し、時々弟がPCを持ち込んでくるので、複数のIPアドレスを発行できるようにしています。
・こうすれば、PC側のネットワーク設定を「DHCPサーバを使う」にしておけば、勝手にアドレスを決めてつないでくれるので便利です。
090222LAN1.jpg 090222LAN2.jpg

■3.アドレス変換の設定
・ここで言うアドレス変換とは、WAN側から入ってきたリクエスト(リモートさせて!とアクセスしてくること)に「いいよ」と答えてあげる範囲を限定し、更にそのリクエストをLAN側の対象機器(PC)にだけ流す(アドレス変換する)ようにすることを指しています。
・今回使うリモート操作ソフトは2種類あります。
・1つはUltraVNCというフリーウェアで、PCからもauからもつながります。
・もう1つは会社などFirewallなどがあってセキュリティの厳しいところからでも繋がるLogMeINというサービスです。
・このうち、UltraVNCはポート番号22からリクエストしてきます。
(22番の入口から入ってくると思ってください。)
・ですから、22番の窓口を開けてあげるということになります。裏を返せば、ポート22はセキュリティーが甘くなるということなので要注意です。
・LogMeINは、リモートされる側のPCが情報を押しだす方式のようです。そのためこのアドレス変換設定は不要です。
・私の場合の例を下に示しますが、ポート変換テーブルの編集で、TCPポート22から入ってきたWANの情報をいくつかのLAN側のローカルアドレスのうち、対象とするPCに割り振られている192.168.11.8に変換という設定をしています。
・下の左側に設定後の画面、右に設定画面(編集画面)を載せます。
090222WAN-LAN1.jpg 090222WAN-LAN2.jpg

これでリモート操作のためのネットワーク設定ができました。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう