FC2ブログ

FXYZのFXトレーディングCafé

多忙な勤め人から脱出なるか!?FXのトレード記録とシストレ検証、トレード手法の開拓をしてます。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
BLOGTOP » CATEGORY … トレーディングTIPS

続々:FXDDに入金できない!!

昨日、PayPalに直接電話して確認しました。
一応、問合わせ先は国内(東京03)、オペレータは英語なまりがあるものの流暢な日本語で対応してもらいました。

結果としては、投資に宛てる資金は一種の「資金繰り」ということで、リスクが高いという判断を高度なシステムが行っているとのことで、これ以上言っても無理と分かりました。
仮にPayPalが許容しても、今度はそれを立て替えるクレジットカード会社が同じような統計システムにより拒否する可能性が高いそうです。

そこで代案として提示してもらったのがDabitカードです。
今までの経験上、デビットカードであれば送金できたということで、結局改めて登録することにしました。

登録カードを認証するために、200円のデポジットを払い、明細に記載された番号をPaypalのサイトに入力しなければなりません。(確認後、200円は戻ってきます。)
結局、明細に反映されるのに数日かかり、更に送金手続き後FXDDの口座に反映されるのにも数日かかることから、取引ができるようになるのはひょっとすると今週末から来週になってしまうかもしれません。

FXDDの口座開設~運用開始については、最初からデビットカードの登録をお勧めします。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

続:FXDDに入金できない!!

あれからPaypalでの支払いを何度も試しましたが同じ結果でした。
再度問い合わせても梨のつぶてです。
要するに登録したカード(私の利用上限は100万円です。)に問題があるのではなく、行動パターンの統計モデルでPaypalのシステムが拒絶しているという、何とも本末転倒な理由からです。
前回書いたドンキホーテの時も、(その時はカード会社自体からでしたが)同じことを言われました。

以下Paypalからの回答を載せておきます。


●●●様 

お世話になっております。
この度は、PayPalにお問い合わせ頂きありがとうございました。
お返事が遅くなりました事を、先ずお詫び申し上げます。
お支払いできない件につきまして、ご回答させていただきます。


お客様のアカウントをお調べいたしましたところ、アカウントが認証済みになると、原則的に無制限に送金することができます。
しかしながら、本件の取引はセキュリティ上の原因で拒否されてしまいました。
以前ご案内しましたように、PayPalはネットワークの完全性を確保するためにセキュリティ対策を実施することがあり、これは問題のない一部のアカウントに特に新しいアカウントに影響する場合があります。
一時的に取引を完了できない状態になっております。ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

PayPalのスタスティカルモデルstatistical models上、今回のお客様のお支払いに何らかのリスクが伴うとみなされ、一時的にお支払いができない状態となっております。これはお客様のご利用になられているカードに問題があるのではなく、今回のお支払いにまつわる全ての要素を統合したうえで何らかのリスクを伴う恐れがあるとシステムがみなしており、残念ながら、我々社員にはどうすることもできません。
しかし、今までのほかのお客様との経験上、数分後、数時間後、数日後、または数週間後にこのお支払いを完了することができる場合がございます。PayPalをご利用になられるお客様をお守りするためのシステム設定ですので、まことに申し訳ございませんが、ご理解いただきたくお願い申し上げます。

お客様は急いでお支払いを行われたいことは承知しておりますが、こういう場合、まず売り手様にご連絡を取って、お支払いの完了を待ってもらうようにお勧めいたします。もしどうしても待ってもらえない場合は、PayPal以外の方法でお支払をしていただかなければならないかもしれません。

重ねまして、この度は、お客様には不快な思いをさせてしまいまして申し訳ございません。

PayPalをご利用くださいまして、誠にありがとうございました。
もし、ほかに何かご質問がございましたら、お気軽にご連絡いただきますようお願いいたします。

このたび、お客様にご迷惑をおかけいたしましたことを、陳謝致しますと共に、今後、より一層、お客様がご利用しやすいシステムを作る所存でございます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FXDDに入金できない!!

連休最終日の今日、あまり良いお天気ではありません。
強風に小雨混じり・・・あ~明日からまた仕事じゃあ~。

FXDDに証拠金を入れるために、いくつかの方法がありますが、銀行からの海外送金は手数料とか手続きとか面倒臭そうなので、PayPalという送金システムを利用することにしました。

PayPalFXDDは直接関係はありません。
PayPal・・・う~ん、日本で言えばPay-easy(ペイジー)に似たサービスでしょうか。

FXDDの入金サイトでPayPalを選択し、$1,000送金しようとしたら、
You have reached a limit on your ability to send money. Please link and confirm a debit or credit card to lift this limit.
という表示。
つまり、送金限度額を超えているとのこと。

早速PayPalに問い合せたところ、Paypalのアカウント上は送金制限はなく、クレジットカードの上限に依存しているのが基本。
しかし、セキュリティ対策上、統計モデルを使ってユーザの行動パターンをチェックしており、「いつもと異なる行動を起こした場合は拒否する」という設定になっているそうです。

そう言えば、以前深夜のドンキホーテで6万円の時計をVISAカードで買おうとしたら、カードが通らず、同じことを言われた記憶があります。
その時はレジに多くの人が渋滞していて迷惑を掛けてしまったので、カード決済会社に大クレームをつけたことがありました。

しかし、証拠金となると不足した際に即送金できないと困ってしまいますね。

ということで、再度メールで、「ではどうすればいいのか?セキュリティを優先しているから、我慢しろということですか!」と問い合わせています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FXDD口座開設-3

関連記事
FXDD口座開設-1:http://fxyz2009.blog115.fc2.com/blog-entry-34.html
FXDD口座開設-2:http://fxyz2009.blog115.fc2.com/blog-entry-35.html

<3.各種同意・本人確認書類>
例示の図の中の丸で囲ってある部分、下から説明します。
OpenAccount#8

◆Customer Agreement
まず、Customer Agreement(顧客同意書)にサインをします。
こちらは、内容をすべて読んで、末尾の確認欄に氏名(ローマ字)、メールアドレス、確認した旨のチェック、電子承認ボタンのクリック  これが一連の流れです。
CustomerAgreement

◆ W-8BEN
次にW-8BEN (米国源泉徴収を受益する外国人の証明書)
日本に在住の(米国以外の国に住む)人は必要になります。
書くのは氏名、住所、個人等の分類とサイン・メアド等です。
W-8BEN

◆Additional Risk Disclosure
「追加リスク開示」ということで、こちらも例示の必要事項にチェック(する・しない)の後、氏名・メアド等の入力となります。
こちらのフォームは、当初の登録事項の内容によって必要となったり不要となったり(不要の場合、リンク表示されません)します。
Additional

◆本人確認書類の送付
最後に本人確認書類をFXDD へメールします。
事前に準備しておいた2種類となります。(私の場合は、運転免許証とパスポート)
送付先アドレスはjp@fxdd.comです。

メール内には、氏名と口座番号を記載します。
尚、1,000通貨単位での取引きを希望する方は、「マイクロロット希望」とでも書き添えればOKです。

パンパカパーン!これで開設手続きは実質終了です。

あとは、FXDDから開設完了の通知が来るのを待つだけ。
こんなメールが届きます。
OpenMail

では、長らくありがとうございました。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FXDD口座開設-2

関連記事
FXDD口座開設-1:http://fxyz2009.blog115.fc2.com/blog-entry-34.html

<2.口座開設の全貌!>

●用意するもの。
身分証明可能な2種類の書類。うち一方は写真付きのもの。
私の場合は、免許証とパスポートにしました。
これをスキャナで読み込み、JPEG形式の画像ファイルとしてPCに保管しました。

その他、事前に確認すべきものもあるので、以下一通り目を通してから作業に入りましょう!

●サイト登録手順
◆登録開始
トップページからサイト右上方にある「ライブ口座」を選択すると以下のページが開きます。
こちらの「個人口座」の欄にある、「今すぐオンライン口座お申し込みをする」をクリックします。

この文章、「口座申し込みを・・・」なのか「口座お申込みを」なのか、さすが米国企業。ちょっとぎこちない。うれし~
OpenAccount#1

◆登録フォーム-0

ここに、氏名・電話番号・メールアドレスを書きこみます。
私は電話番号は、International Callの際の番号を書きました。
国名81と市外局番は0を除外して書きます。
例えば、03-1234-5678の場合、81-3-1234-5678と書きます。

口座番号は自動的に割り振られています。
OpenAccount#2

◆登録フォーム-1
ここからまず全6工程のステップで申し込みします。
Step1は図のとおりです。
氏名や電話・アドレスなどは前ページから継承されていますが、それ以外のマーク付きの欄を埋めていきます。
尚、口座のタイプはスタンダートは100K・・・10万通貨単位、ミニは10K・・・1万通貨単位で2つの選択肢しかありません。
しかし、MetaTrader4を選択した場合、マイクロロット口座(1000通貨単位)も用意されていますので、その際は、本人確認書類をメールする際に、「マイクロロット口座希望」と日本語で書けば大丈夫です。
もちろん、日本語で受け付けるアドレスが決まっているのでお間違えなく。
⇒jp@fxdd.com
OpenAccount#3

◆登録フォーム-2・-3
Step2は夫婦・家族などJoint口座を持って本人以外が口座を触る場合のフォームです。
基本的には「いいえ」で放置して、次に行きましょう。
OpenAccount#4

尚、Step2でJoint口座の登録をしない「いいえ」を選択すると、Step3はスキップしStep4に進みます。

◆登録フォーム-4
Step4は職業登録です。
会社員か自営かなどを選択し、勤め先や勤続年数、勤務先住所、業種、役職などを書きます。
OpenAccount#5
職種の英語表記はこんな感じでしょうか。
BusinessName

◆登録フォーム-5
年収、総資産額、流動資産額を選択します。
資産総額は、貯金等に加えて、例えば持家があればおよその処分価格とか、車があれば何となく5年償却程度で残高を考えてみたり、あまり細かいのを足しても仕方ないので、ざっと ん千万円などと算定して、ドル換算します。
もちろん、資産が特にないということでしたら、預貯金にプラスαしておけばいいのではないかと思います。(資産なので、ローン等は考慮しなくていいと思います。)
流動資産は、現預金です。もちろん、株などすぐに換金できるものは足しても構いません。
これも厳密に積み上げる必要もないと思います。
大体1$=95~100円程度で換算すればいいでしょう。

投資経験については、例(画像)を参考にしてください。

銀行入力欄もあるので、例では三菱東京UFJ銀行の渋谷支店を入れてみましたが、各自の銀行を入力してください。
OpenAccount#6
Swiftコード一覧を作ってみました。
SwiftCode

ただし、正確性を保証しません。実際のご利用に際し、またはここに記載の無い金融機関についてはhttp://www.swift.com/jp/からお調べください。

◆登録フォーム-6
登録フォーム最終ページです。
基本的には、「いいえ」を繰り返して、「同意します」を選択し、「次へ」でいいのですが・・・・
投資顧問業者や他の人に口座を任せたりする予定がある人、自営の場合の会社が口座に関わったり、未成年なので親とかが保証したり、過去に訴訟経験のある人とかは注意が必要です。
例(画像)をご覧ください。
OpenAccount#7

◆登録フォーム-完了!
OpenAccount#8
この画面が表示されて、いったん登録完了です。

しかし・・・・

口座開設にはまだまだ手続きがあります。

「日本語」というところをクリックすると、画面下方右側に日本語で「お客様同意書」「W-8フォーム」というのが表示されています。
それぞれクリックするとPDFファイルが表示されるんですが、PDFの場合、国際郵便で郵送するか、FAX(国際電話)ということになりますので・・・

そんな面倒なことはしたくない!という方は、オンラインで署名・申し込みできます。

それから、本人確認書類ですが、これもメールで送ることができます。

次回に続く・・・

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー